Profile...


・三好紅

・Indigo Note (Viola&Guitar DUO)

・Flute,Viola&Guitar TRIO

・tri tonica(Vocal,Viola & Guitar TRIO)


PROFILE

三好  Violist

 

6才からヴァイオリンの手ほどきを受ける。東京音楽大学卒業。

同大学在学中、弦楽アンサンブル「藝弦」に所属しヴィオラの魅力に強く惹かれ、卒業後ヴィオラに転向。

主に全国各地のオーケストラでの演奏を中心に演奏活動を開始する。

また、室内楽など自主公演を年に一度の割合で積極的に企画・開催。

 

1999年に都内でソロとデュオのコンサート開催。

2001年、初リサイタル開催。

2004年北ドイツ及びポーランドの講習会に参加、各講習会のディプロマを取得。

2005年パリにてフランス放送・フィルのM.デスモン氏に薫陶を受ける。

 これまでにヴァイオリンを吉川朝子、井上将興、ヴィオラを小野富士の各氏に師事。

 

2005年より「アレクサンダー・テクニック」を小島信子氏に師事。演奏のためだけでなく、日常的な『心と体』全体の使い方について、継続して学び続けている。

 

2012年より古楽の世界に刺激を受け、積極的に勉強を開始。

現在も古楽奏法を鈴木秀美、成田寛、阿部まりこ、実用対位法を中山真一の各氏に師事。

 

2016年4月より東京室内管弦楽団 ヴィオラ奏者として在籍。

 

一方 クラシック以外のジャンルを含む活動では、2012年よりギタリスト伊藤賢一とのデュオ、加えて2013年にはフルート花野美佳とトリオを組み、2014年4月には同トリオでミニアルバム「Ala Pequeña〜小さな翼〜」を制作し、九州ツアーを敢行。

2015年夏からは札幌在住のシンガーソングライター田野崎文・ギター伊藤賢一とともに新しいユニット「tri tonica」(トライトニカ)を結成。

札幌、関西・山陽山陰・四国へライブツアーを行う。

2016年4月にレコーディングを経て、同年9月に初アルバム「alba」リリース。

現在 主に関東を中心に全国各地で活発にライブ活動を行っている。


*Indigo Note*インディゴノート

DUO PROFILE

 

ヴィオラとギターのデュオ。

 

ヴィオラ三好紅はクラシック畑。主にオーケストラで活動するクラシック演奏家だが、反対にギター伊藤賢一は主にオリジナル曲を演奏するソロ・ギタリスト。アコースティック・ギターもクラシック・ギターも弾きこなす異色のギタリストとして脚光を浴び続けている

そんな住む世界の違う二人が2012年4月、千葉で開かれたジョイントコンサートにて出会い、お互いの興味の中心にある古楽への造詣と、互いの楽器に共通した滋味溢れる「鳴り」の良さに惹かれてデュオを結成。

 

ユニット名「Indigo Note(インディゴノート)」は、そのままズバリ、「藍色の音」。

命名は2017年。

なかなか決まらなかったユニット名でしたが、その名前の音(響き)の良さ、色(トーン)の良さ、というところで一致。

二人とも好きな色、そしてこのユニットを特に音楽的に限定しない、というのが気に入ってます。

 

レパートリーは、郷愁を誘うと定評のある伊藤賢一オリジナル曲のほか、クラシック、トラディショナル、ポピュラー音楽など、様々な分野の楽曲の中からこの編成に合うものを取り上げ、二人のオリジナル・アレンジにて演奏しています。

ほぼ同音域の楽器ながら、どちらもメロディ、伴奏を担当できることが演奏の幅を広げる大きな要素に…。

 

これまでに関東各地を中心に、長野・伊那、蓼科、関西・大阪、西宮、姫路、など全国各地にてライブ ツアーを展開。2015年9月には北海道・札幌にてライブツアー、ラジオ カロス サッポロに出演。

 

共演者にGt竹内一路、Gt小川倫生、Vo田野崎文、ハンマーダルシマー小松崎健、Vn鈴木裕。

 

Va.三好紅

Gt.伊藤賢一


Flute,Viola & Guitar TRIO

TRIO PROFILE

フルート、ヴィオラ、ギターという異色編成のトリオ。

2013年8月、蓼科高原 渡邊暁雄メモリアルホールの豊かな響きとお互いの楽器の音色の調和に感動し結成。

同年10月には東京の近江楽堂でもコンサートを開催し好評を博す。

その後も都内のコンサートホールやライブハウス、カフェ、個人宅など、積極的に演奏活動を行う。

 

2014年3月にミニアルバムをリリース。同年4月には九州ツアーを敢行。

オリジナル曲やバロック、クラシック、映画音楽やアニメなどのポピュラー音楽まで幅広く取り上げ、独自のアレンジを施して演奏する。

しっとりと落ち着いた音色で歌うフルートと、渋く中低音域を鳴らしアンサンブルを支えるヴィオラ、アコースティックとクラシックの異種楽器を弾きこなすギターと、軽妙なトークを交えたライブで、現在ファンを増やしている。

 

Fl.花野美佳

Va.三好紅

Gt.伊藤賢一 

 


* tri tonica * トライトニカ

tri tonica PROFILE

2015年結成。

シンガーソングライター田野崎文、自作自演のソロギタリスト伊藤賢一、クラシック・ヴィオラ奏者の三好紅という、異色な組み合わせのトリオ・ユニット。

 ユニット名は「3」を意味する英語のトライ、「主音」を意味するイタリア語のトニカを並べた造語。

 

田野崎文の声域はアルト。

ヴィオラもギターも音域はアルトなので、3人が揃って渋い落ち着いた音を重ねているのが特徴。

田野崎文の歌や伊藤賢一のオリジナル曲をアレンジしたもの(ソロ曲に歌詞を付け)を主に演奏している。

 

2015年9月に札幌、10月に関西・山陽山陰、四国と、ライブツアー、2016年1月関東ツアー、同年6月関西ツアー、9月・12月関東ツアー、2017年関西ツアー、2月北海道ツアー、4月札幌時計台ライブ開催。

2016年4月録音し初アルバムを製作、9月にリリース。次作も企画中。

 

tri tonica.facebook

 

Vo.田野崎文

Gt.伊藤賢一 

Va.三好紅 

 

violaviolaviolaviolaviolaviolaviolavioiaviolaviolaviolaviolaviolaviolaviolaviola